川崎でレイプまかがいなことをされても懲りない41歳の熟女

会社の同僚らとランチを食べるために、社員食堂の入り口で手を念入りに消毒(除菌)していると

 

同僚、「お前、いつから潔癖性になったの?」

 

私、「潔癖性にはなってねえよ」

 

同僚、「念入りに消毒をしてるじゃない」

 

私、「念入りに消毒をしているのは潔癖だからじゃないよ、指が臭いんだ」

 

同僚が私の指を嗅ぐと

 

同僚、「クッサ!この匂い、何?」

 

他の同僚ら、「嗅がせて」

 

私、「何の匂いか分かる?」

 

同僚ら、「分かりそうで分からない」

 

私、「クソの匂いだよ(笑)」

 

同僚ら、「お前、俺たちにクソの付いた指を嗅がせたのか!」

 

私、「お前らが勝手に嗅いだんだろ(笑)」

 

同僚、「どうしたら指にクソが付くの?」

 

私、「ケツの穴に指を入れたからだよ」

 

同僚、「お前、そっちの趣味があるの?」

 

私、「はあ!?」

 

同僚、「自分でアナルを刺激して興奮するの?」

 

私、「バカ。俺じゃねえよ。女のケツの穴に指を入れたの」

 

「なーんだ、女のケツに指を入れたのか」と言ってくれると思ったのですが

 

同僚、「女だろうが、ケツに入れた指を嗅がせるなよ!」

 

私、「すまん」

 

その日は、カレーライスがお得だったのですが、私の指を嗅いだ同僚は誰もカレーライスを注文しませんでした。

 

同僚、「ケツの穴に指を入れさせる女とは、何処で知り合うの?」

 

私、「出会い系サイトミントC!Jメールだよ」

 

同僚、「まだ、出会い系サイトを使っているの?」

 

私、「未だに出会い系サイトを使っているのは、コアな利用者ばかりなんだよ」

 

同僚、「どんな人と知り合えるの?」

 

私、「ギャルもいれば熟女もおり、ピンキリだよ」

 

同僚、「俺たちにクソの匂いを嗅がせた女は、どんな人?」

 

口で説明するのは面倒なため、その女を映した動画を見てもらうと

 

同僚、「悪くないじゃん」

 

私、「そうだろ」

 

同僚、「この女、何歳?」

 

私、「41」

 

同僚、「俺らと同年代か。エッチするのにお金はいるの?」

 

私、「人によりけり」

 

同僚、「この女の場合は?」

 

口で説明すると、「えー本当に?」と信じてもらえそうになかったため、同僚らに見せていた動画を早送りすると、

 

同僚、「タダなの?」

 

同僚が「タダなの?」と聞いて来たのは、早送りした動画に、「この女、無料」と体に書かれた女が映っていたから。

私、「うん、タダだよ」

 

動画に映っている女の体には、「肉便器」、「中出し自由」、「この女、ビッチ」とも書いてあり、

 

同僚、「この女に中出ししたの?」

 

私、「したよ」

 

同僚、「41歳なら、まだ妊娠する可能性があるだろ?」

 

私、「一応、中出しした後は、シャワーのホースを女のアソコにブチ込んで水洗いはしておいた」

同僚の1人、「この女なら、俺も出来るな」

 

他の同僚、「俺も出来る」

 

私、「そうだろ。タダでエッチが出来るなら悪くないだろ」

 

同僚、「この女、紹介してよ」

 

私は見ていた動画を早送りすると、同僚らは画面に映った映像をスマホで撮影。

 

なぜなら、早送りした映像には、女の下腹部に女の連絡先が書いてあったから。

その連絡先に電話をした同僚、「本当に、繋がった」

 

その同僚は小心者のため、慌てて電話を切りました。

 

久々に、その女に私が電話をすると

 

私、「もしもし」

 

女、「もしもし」

 

私、「誰だか分かる?」

 

女、「えー分かんない」

 

私、「〇〇(人気スポット)で青姦したじゃない」

 

女、「あー思い出した、Aさん?」

 

私、「違うよ」

 

女、「Bさん?」

 

私、「それでもないよ」

 

女、「分かった、C君でしょ?」

 

私、「あんた、何人と青姦をしてるの?」

 

女、「えー誰?」

 

私、「思い出さなくても良いけど、今日、暇?」

 

女、「暇だけど、貴方、誰?」

 

私、「来たら分かるよ」

誰とも分からない相手なら、警戒して来ないと思ったのですが、女は待ち合わせ場所にノコノコ現れた。

女、「貴方だったの」

 

私、「久しぶり」

 

会う目的は分かっているため、待ち合わせた5分後には私達はラブホテルのフロントにいました。

私、「この部屋で良いよね?」

 

女、「うん」

 

入ったのは、SMに対応した部屋。

私、「最近はどう?」

 

女、「どうって?」

 

私、「SMはヤッてるの?」

 

女、「この前、ひどい目に遭ったわよ」

 

私、「何が遭ったの?」

 

女、「集団にレイプまがいなことをされたわ」

 

私、「いつされたの?」

 

女、「3日前」

 

レイプまがいなことをされて、まだ3日しか経ってないのに、凄い回復力。

 

私、「首に付いているアザは、その時、付いたの?」

 

女、「これは昔からあるやつ」

 

私、「手首のアザは?」

 

女、「それも昔からあるやつ。レイプまがいなことをされただけで、アザになることはされてないわよ」

 

それを聞けて安心した

私、「入って来て良いよ」

 

女、「えっ!?」

 

5分後、ラブホテルの部屋に入って来たのは覆面を被る男たち。

 

女、「この男たち、何?」

 

私、「君とヤリたいんだって」

 

女、「えー!?」

 

女は驚くだけで、拒みはしなかった。

SMに対応した部屋だと、女を拘束することは容易かった。

 

同僚①、「最初に誰がヤルか、ジャンケンで決めない?」

 

同僚②、「俺たちだけで決めて良いの?女にもジャンケンをさせない?」

 

私、「それが良い」

 

ジャンケンをすると、私を含む男は全員チョキを出したのですが、女だけパーを出しました。

 

同僚、「こいつ、頭もパーなのか(笑)」

 

それを聞いた女、「パーじゃないわよ」

 

それを聞いて男たちは笑った、なぜなら、パーじゃなければ、全裸で縛られることはないから。

 

その後も女はツベコベ言い続けるため、同僚の一人が女の口を手で塞ぐと、女は足をばたつかせて抵抗しました。

 

女が抵抗をすればするほど、女のアソコは愛液でべちょり濡れていて、ペニスが挿入しやすい。

 

同僚、「中に出して良いの?」

 

女の着ている服を脱がすと、背中に「中出し自由」と書いてあったため、私を含む同僚らは全員、女に中出しをしました。

 

中出し以外に、女には「無料」とも書いてあったのですが、1人2000円ずつ女に渡すと、女はメッチャ喜んでくれて、皆で記念写真を撮ることが出来ました。

 

ミントC!Jメール登録はこちらから