川崎で知り合った天海祐希似の美熟女とのエッチな関係

こんにちは。都内に住む会社員の「よう」と申します。

 

「天海祐希」に似ている美熟女と出会い系で出会ってエッチしました。

 

彼女とは1回エッチし、その後も連絡は取れるのですが会ってもらえなくなってしまいました。

 

ただ、その時のエッチがそれまで感じたことが無いぐらい快感だったし最高のものだったのでここで私がどのように彼女と出会ったのかを含めて紹介したいと思います。

 

僕は30代でありながらもこれまでにそんなに恋愛経験も無く、楽しみといったら給料日後に行く風俗というぐらいでした。

 

ただ風俗に行き続けるお金もそんなに無いので「可愛い女の子と出会いたいな」と思ってもいましたが、「髪が薄い」というコンプレックスから合コンなどの出会いの場に行く勇気がなく刺激のない退屈な日々をひたすら過ごしていました。

 

そんなときに職場の同僚が出会い系アプリの「ミントC!Jメール」で可愛い女の子と出会い、今もやりとりを続けているし前向きな付き合いが出来ているという話を聞きました。

 

もちろん、既に数回会っていて、エッチもしているという話を聞き、うらやましさと同時に期待する気持ちを持ちました。

 

そして私も同僚の感想や体験談を聞きミントC!Jメールに登録しました。

 

女の子と出会いたいし恋人ができたらラッキー、あわよくばエッチなこともしたいという考えで登録しました。

 

登録自体は簡単だったし操作性も良くすぐに使い慣れることができました。

 

私は少しでも出会いの確率を上げたかったのでプロフィールは若干盛って下記、写真は加工を結構しました。

 

また、登録している女性も年代や職業は様々で出会いに対するモチベーションも結構高そうな人が多かったので明るい将来を期待して積極的に利用を始めました。

 

プロフィール写真を見て興味を持った女の子に片っ端からメッセージを送りました。

 

最初は相手に好印象を与えるために低姿勢で丁寧な言葉遣いを心がけ「真面目な人」という印象を与えるメッセージを意識しました。

 

多くの人が連絡無視だったりやりとりができても1-2回で終わり、というのが多かったのですがその中で1人「さゆり」だけが私と何度もメッセージのやりとりをしてくれました。

 

サイト上のメッセージ機能を使って仕事の話や趣味、休みの日の過ごし方、出会いアプリに期待することなど何気ない会話をひたすらくり返していく内にお互いの言葉遣いも次第に「タメ口」になっていったし、距離が近づいていっているのを感じ仲良くなれていると感じたのでLINEでのやりとりを提案しました。

 

快く承諾してくれた彼女とLINEでのやりとり、そして一歩進んでLINE電話でコミュニケーションを取って行くにつれて「会いたい」という気持ちになっていきました。

 

実はお互いの家が近いことに気づいたので3日後に川崎駅で会う約束をした私は当日に向けて準備を始めました。

 

食事場所や遊びに行く場所などを考えながら期待を高めていきました。

 

彼女がアパレルに勤務するということと、薄毛を隠すために服装にはいつも以上に気を遣い帽子を被って彼女と会うことにしました。

 

当日、待ち合わせ場所で待っていると明らかに誰かを捜している様子のギャル系の女子をみつけました。

 

私は彼女が「さゆり」だと一目で気づき声をかけると予想は的中。

 

プロフィール写真通りで茶髪でメイクは濃いめ、ミニスカートが可愛い「ゆきぽよ」に一見似ている彼女と近くにあったスターバックスに移動し改めて自己紹介含めて話をしました。

 

それまでなんどもやりとりをしていただけあり初めて会った気はせずすぐにうち解けることができました。

 

そのまま川崎の街をプラプラあるいた後、イタリアンの食事を取りその日は解散しました。

 

お互い楽しかったし、出会えて良かったし、「又会いたいね」と言って解散しました。

 

帰宅後すぐにお礼のLINEと次回のデートの約束のLINEを送り、次の週末に会うことになりました。

 

2回目のデートはよりスムーズでした。

 

夕方の時間から再度川崎で待ち合わせをし、「ホルモン焼肉 店」で夕食を取りました。

 

その日も話は盛り上がり、時間が足りずバーに行って飲み直すことにしました。

 

結構仲良くなれていたので恋愛の話やエッチの話しまで出来るようになっていました。

 

彼女はあまりお酒に強くないようでお店を出る頃にはすっかり酔っているようでした。

 

彼女は私にもたれ掛かって来たので「送るよ」と良いながらさりげなく駅とは逆のラブホ街に足を伸ばせると彼女は「あれ?こっち駅じゃないよ」というもののお構いなくラブホへ誘導するとまんざらでも無い様子で「ちょっと休んでから帰ろう」と。

 

ホテルに着くと私は彼女の肩を抱き寄せ軽くキスをしました。

 

彼女は酔っていても驚いた様子を見せ最初は結構断られたものの私の執拗な誘いとお小遣いをいくらか渡すということを軽く言うことですっかり受け入れてくれました。

 

服をゆっかり脱がしていき、そのまま一緒にバスルームへ。

 

彼女の綺麗なお碗方のおっぱいやしっかりと体毛処理がされた身体を見てはどんどんムラムラしていきました。

 

さっきまで抵抗していたとは思えないほどすっかりエッチをする気になっている様子で一緒に「洗いっこ」をしながら触ったり舐めたりして楽しみました。

 

すっかり勃起してガマン汁が出ているち○ぽを厭らしく扱かせ乳首を舐めさせ、私も綺麗に毛が処理されたま○こを攻めました。

すっかりビッショリ濡れておりピチャピチャ音を立てながら彼女は「あん・・・」と喘ぎ始めます。

 

そのままフェラとクンニをし合い、身体中にローションを塗りヌルヌルになりながら1回目の挿入。

 

彼女はすっかりエッチになっていてピストンに合わせてバスルームに響く喘ぎ声がどんどん大きくなってきます。

 

そして自ら腰を振るほど積極的になっていました。

 

これまでエッチの経験はそんなに無いと言ってたものの「ヤリ○ン」とも感じられるぐらいのテクニックがありました。

 

騎乗位でグチュグチュした音を立てながら乳首を攻められ、彼女は僕の手をとり自ら胸を揉むように誘導してきました。

 

「この子めっちゃエロい」と思い私のエッチ度もどんどん上がり思う存分エッチしまくろうと思いました。

 

ただ、彼女の騎乗位での腰の動きがどんどん速くなっていき、一瞬で頂点に達してしましました。

 

挿入時間はわずか5分ぐらい。物足りなかったのでベッドの上で続きを楽しむことにしました。

 

ちょっとしたグッズが常設されていたことで軽く縛ったり目隠しをするなどのソフトSMを楽しみました。

 

ローターやバイブなどのおもちゃも購入できたのでそれを使いながら彼女をイジメました。

 

目隠しをされている彼女はより興奮している様子でさっきよりも喘いでいました。

 

バイブやローターで攻められ、僕の高速指マンの時には「おま○こ壊して!」という程でした。

 

そのまま潮を吹きすっかりイッてしまっている様子でしたが問答無用で挿入。

 

バック、座位、側位、と体位を変えながら楽しみ最後は正常位で思う存分突き興奮は最高潮に達し、大量に射精しました。

 

本当はもう1回したかったのですが、その2回で体力を使い切ってしまいました。

 

エッチが終わると彼女の気持ちは一瞬で盛り下がってしまったようでひたすら「なんでこうなったの?」「なんで今日エッチしちゃったの?」と悲しそうな顔をしていたので私は「こんなにエロい女の子と次会えないのは嫌だ」と思い先ほど約束したとおりお小遣いを渡しました。

 

しかし次の日の朝目が覚めると彼女はホテルにはおらず一言「先に帰ります」というLINEが一言あるだけでした。

 

「次も会いたい」「セフレにはなりたい」と思っていた私はLINEで彼女に積極的にアプローチしますが、彼女からそれに対して返信はあるものの今の今まであれ以降会えてはいません。

 

ただ、今回同僚の体験談を聞いて最初は軽いノリもありながらも期待して出会いアプリを使い始めましたが、まさかこんな出会いがあるとは思ってもいませんでした。

 

出会いの種類は様々ですが出会いアプリも「十分出会えるツールだな」と身をもって経験しました。

ミントC!Jメール登録はこちらから