東海道線の車両間であった見つかりそうで見つからない貫地谷しほり似の熟女との秘密

それはミントC!Jメールで出会った貫地谷しほりさん似の女性とあった私にとって人生で初めてのドキドキするようなエッチなおいしい出来事です。

 

2か月前のことです。

 

数年彼女もおらず、性欲が溜まってきていたころが彼女とは出会いです。

 

3か月前の仕事の帰りに出会い系サイトを利用していたところ、一通のメッセージが届きました。

 

プロフィールを拝見いたしました。近くのお住まいですね。よろしくお願いいたします。

 

写真では貫地谷しほりさんのようにきれいなセミロングに透き通るような肌、ツルッとした唇の女性からでした。

 

私は、いつもの冷やかしだろうと思っていましたが、どうしてもそのかわいい写真を見てつい

 

宜しくお願いいたします。今帰宅中ですと。
メッセージを返してしまいました。

 

返信は数分もせずに返ってきて、、、

 

え、どちらの電車に乗っていらっしゃるんですか?

 

私は、今乗っている電車の名前を告げました。

 

するとすぐに彼女から写真付きのメッセージが同じ電車に乗っていらっしゃるんですね。

 

私は7号車と8号車の間です。

 

そして写真には鉄道車両の間で下半身だけ映ったローターでオナニーをしている姿が、、、

 

私は下半身が反応してしまいすぐさまあたりを見渡しました。

 

たまたまのっていた7号車から見える8号車の間に女性姿、、、

 

背は低く154㎝くらいだろうか、、、上は白のオーバーシャツ、下は、、、、写真通り、、、

 

下着をしっかりとおろしてローターを当てている女性の姿が

 

私は周りに、そして彼女に気づかれないようにそっとドアを開けて後ろから女性に声を掛けました。

 

あはは、、、本当にいたんですね、、、

 

女性は、振り返ってちょっと恥ずかしそうに

 

み、、、見つかっちゃいました、、、、

 

まだ、時間はありますよね。。。

 

私は、何も言わず抑えきれなくなった欲が溢れ出したかのように後ろから彼女のシャツの中に手を入れてその大きな胸を揉みまわし

 

すでに濡れたマンコの中に指を挿入しました。

私は、抑えきれなくなった欲が溢れ出したかのように後ろから彼女のシャツの中に手を入れてその大きな胸を揉みまわし

 

私は、頷き、何も言わず抑えきれなくなった欲が溢れ出したかのように彼女の唇にキスをしてしまいました。

 

唇を話した瞬間、彼女は小さな声でこう言いました。

 

私、この隙間でするのが好きなんです、、、

 

私は、一気に熱くなってしまい後ろから彼女のシャツの中に手を入れてそのEカップほどあるだろうか。

 

大きな胸を揉みまわし右手で彼女のマンコを優しく触れました。

 

彼女のマンコはすでに軽く塗れていて、ぷっくり膨らんだクリトリスをすこし触ると敏感に反応しすぐにすべすべのふとももにたれるくらい濡れだしました。

 

すごく敏感な彼女の体は、小さく程よくふっくらとしていました。

 

彼女は、準備は出来ているからいつでもいいよ

 

と私にささやき、既に固く勃起している私のズボンをスーッと脱がしだしました。

 

私は彼女の手に導かれ、その大きくなってしまったものを後ろから彼女の中にゆっくりと挿入しました。

 

ものすごく暖かく、きつく締めつける膣に腰がとまらなくなってしまい

 

彼女も小さな喘ぎ声からどんどんと大きな声へと喘ぎ声が変わっていきました。

 

そんな喘ぎ声も鉄道間のドアとドアの隙間の騒音の中ではかき消されて周りの乗客も全く気付かないようでした。

 

私は、その喘ぎ声と気持ちよさから頂点を迎えそうになり、彼女からそれを抜こうとすると彼女は、抜いちゃダメ。と言って入っている膣ごと私をドアのほうに押し付け、、、

 

そして私はその押し付けられた勢いと共にそのまま彼女の中で果ててしまいました、、、

 

私たちはその快楽の余韻に浸り、最寄り駅が近づいてきたころに服をまといました。

 

結局、電車の中で周りの乗客は気づかないままでした。

 

その後、同じ駅の改札を出た彼女は、私にキスをして微笑み
またね、と言って去っていきました。

 

私は、狭い電車と電車の間で電車の揺られる音の中、彼女がなぜこのようなことをする経緯を聞きました。

 

彼女は、どうしても我慢ができなくなり電車の隙間と隙間の騒音の中でならオナニーをしていても誰も気づかないだろうと

 

はじめてみるといつ見つかるか分からないドキドキの中でのオナニーに興奮と覚えたそうです。

 

そして今回出会い系でドキドキの共有をしてくれる人がいたらと思って始めた、相手は誰でもよかったと言っていました。

 

それは電車がたまたま同じ、降りる駅が同じ、こんな偶然の出会いから生まれた出会いでした。

 

私にとって、この出来事は偶然から生まれたドキドキでエッチなおいしい体験でした。

 

ミントC!Jメール