横浜、関内、出会い系でエッチした秋吉久美子似の49歳熟女は、「アナル好き」な変態女だった

49歳の熟女と知り合う

 

出会い系サイトの利用が趣味の俺は、最近若い女性に飽きてきたみたい。

 

40代以上の人妻や熟女とエッチしたいと、考えた俺は「ミントC!Jメール」で探す事にしました。

 

「熟女とはいえ顔は、やっぱり美人がいいな」

 

と、思いながらプロフから検索します。

 

10分ぐらいすると、1人の女性が目に飛び込んできました。

 

相手の女性は、49歳の熟女で女優の「秋吉久美子」さんと似ています。

 

「結構タイプだな」

 

名前は、「明子」と言い住んでいる場所が同じ県内です。

 

プロフを見ると、バツイチらしく「エッチな事が好き」と書いています。

 

俺は、明子さんに会いたいと思いメッセージを送ってみました。

 

「初めまして。明子さん、俺ケンジと言います。同じ県内に住んでいて気が合いそうですね。

 

良かったら、メールでやり取りして楽しみましょうよ。返事待っています。」

 

と、軽い挨拶文を送ってみました。

 

すると、数分後明子さんから返信があり感動します。

 

「ケンジさん、メールありがとう。私今退屈でメール相手探していたの。相手してくれる?」

 

「うん。いいよ。明子さん、どんな顔してるの?」

 

「私、おばさんよ。でも若く見られるの。」

 

「じゃあ、性欲はある?」

 

「あるよ。まだまだスケベ心いっぱいだよ」

 

「じゃあ、ライン交換しようよ。」

 

「うん。いいよ」

 

俺と明子さんは、ラインを交換してやり取りを続けます。

 

カラオケ店でフェラする

 

「明子さん、明日の夜空いてる?」

 

「空いてるよ」

 

「じゃあ、会おうよ」

 

「いいけど」

 

 

「関内駅前に、夜7時どう?」

 

「いいよ。」

 

「決定。じゃあ絶対来てよ」

 

「うん」

 

俺と明子さんは、次の日会う事に。

 

夜7時に関内駅前で待ってると、明子さんらしき女性が接近して来ます。

 

ミントC!Jメールの明子さん?」

 

「はい。そうです」

 

本当に来てくれたようです。

 

明子さんは、短めのスカートに黒のパンストを履き、ベージュの短いコートを着ています。

 

足は、細く色気が出ていて少し興奮する俺。

 

 

顔は、秋吉久美子さんより細い顔立ちですがまずまずです。

 

 

「カラオケ行ってみる?食事も出来るし」

 

「うん。任せるよ」

 

俺は、明子さんとカラオケ店に行きました。

 

歌と食事をしながら、距離が縮まっていく2人。

 

俺は、明子さんの手を握ると、顔を見つめ合います。

 

キスがしたくなった俺は、スッと明子さんの口に口を合わせます。

 

舌を入れると、明子さんも積極的に絡ませてきてディープキスの始まりです。

 

5分ぐらいキスをした後、俺は、明子さんの胸を揉んでみます。

 

 

「アーン アーン」

 

 

明子さんは、小さな声を出し感じているようです。

 

俺は、興奮してきたのでかたくなった性器を出して

 

「舐めてよ」

 

と、明子さんに言いました。

 

すると、明子さんは、欲しかったごとく口に咥えて舐め始めます。

 

「気持ちいい」

 

明子さんの舌使いは、濃厚で熟女といった感じです。

 

「イクッ」

 

俺は、快感がマックスになり口の中へ出した。

 

 

「ゴクリ」

 

明子さんは、俺の液体を胃袋に飲んでくれました。

 

ラブホテルでアナルエッチする

 

「明子さん、ホテル行こう」

 

「うん。」

 

俺と明子さんは、歩いてラブホテルへ入ったものです。

 

交互に、入浴を済ませると、ベッドでいよいよ本番エッチの始まりです。

 

明子さんの胸を見ると、少し垂れ気味ですが、乳首はツンと立ってイヤラシイです。

 

乳首を舐めたり噛んだりすると、明子さんは、喘いで感じています。

 

明子さんの股を開いて見ると、黒いアソコが熟女といった感じです。

 

舌を使ってアソコを舐めると、

 

 

「アーン アーン もっと舐めて」

 

と、明子さんは舐められるのが好きなようです。

 

シックスナインになりお互いの性器を舐めていると、明子さんは俺のお尻の穴を舐め始めました。、

 

 

「この熟女、スケベだな」

 

 

それから明子さんのアソコに、入れる俺。

 

 

「ハア ハア ハア」

 

 

「アーン アーン アーン」

 

 

腰を激しく動かして快感を感じている2人。

 

すると、明子さんが、

 

 

「お尻に入れてよ」

 

 

明子さんは、アナルエッチを希望しています。

 

 

ミントC!Jメール

 

 

俺は、若い女性とアナルエッチは経験があるが熟女は初めてです。

 

 

ゆっくりとアナルに、性器を入れていくと締まっていきます。

 

 

アナルに根元まで挿入した俺は、明子さんのアナルを感じながら腰を動かしました。

 

 

「アーン アーン」

 

 

明子さんは、アナルが好きらしく感じて大きな声を出しています。

 

 

喘ぎ声に興奮して、さらに腰を激しくする俺。.

 

 

「イクッ」

 

 

俺は、全身に電流が走り明子さんのアナルに液体を出します。

 

「気持ち良かった?」

 

「気持ち良かったよ」

 

明子さんは、満足した笑顔を見せていました。

 

熟女とのアナルエッチは、気持ち良く病みつきになりそうな俺。

 

その後、ラブホを後にした2人ですが、また会えるよう約束をして別れました。

 

こちらで無料登録できます。

↓   ↓   ↓

ミントC!Jメール

 

こちらで興奮マックス