横浜、45歳磯山さやか似の熟女にパンティーを履かされて毎回セックスさせられてる体験談

彼女もいなくて寂しい毎日です。

 

でも、今では定期的に熟女とセフレになって、気が紛れています。

 

そんな熟女とのミントC!Jメール出会いのセックス体験談をお話しします。

 

これまでに何度かで募集しても、女性から返事はきません。

 

応募しても援交ばかりでうんざりでした。

 

メッセージがまたきたので、また援交の条件かと思ったら普通の会話から始まって。

 

そのうち、彼女から

 

「週末会えますか。」

 

援交と思っていたので

 

「いくらかかります?」

 

「なんのこと?」

 

「援助なんでしょ?」

 

「別に要りませんよ。えっちしたいですけど。」

 

「本当?」

 

「えぇ、変わったのしたいけど大丈夫?」

 

あまり気にせずにあっさりオーケーしました。

 

ミントC!Jメール

 

時間になってやってきたのは、45歳の熟女でした。

 

自分よりも10歳も上でした。見た目は、磯山さやかさんみたいで、ぽっちゃりです。

 

「ゆみです。待ちましたか。」

 

腕には高級そうな時計つけてて、それをついみていたら

 

「ロレックスなんですよでも金持ちではないので(笑)。これだけもらったので高いです。あとは安いものだから。」

 

「あぁごめんなさい。時計が好きでつい。」

 

ちょっと恥ずかしくなって、すぐにホテルへ入りました。

 

服を脱いだゆみさんは、胸も大きくて、お尻もムチムチしています。

 

自分が先にシャワーを浴びて、ベッドで待っていたら、彼女が袋を持ってやってきました。

 

黒のパンティーをはいてました。

 

「ねぇ、この下着どうかな?」

 

とくるりと一回転。お尻のとこはメッシュで、うっすらと大きなお尻が見えています。

 

「セクシーですね。」

 

「こっちに来て。」

 

言われるがままに鏡の前に来たら、

 

「私変わったの好きといったでしょ。男性に私の下着履いてもらうのが好きなんだ。履いてみて。」

 

と袋から出されたのは青い下着でした。でも、お尻は紐で前もかなり細いです。

 

「ほらぁ、早くぅ。」

 

言われるがままに履いてみたら、お尻も紐が食い込んでるし、前も細くて玉が出ています。

 

やっとペニスが隠れるくらいです。

ゆみさんは自分の横にたって、鏡の方に向かされてから

 

「自分でみてどんな感じ。女のパンティーはいて。」

 

確かに変な感じになってきて、だんだんと勃起してきたのがわかりました。

 

すると、俺の乳首なめ出してきて、左手でペニスをさわってきました。

 

すると、すぐにフル勃起しちゃいました。

 

「ねぇみてごらん。先っぽパンティーからはみ出してるわよ(笑)」

 

笑って言われましたがなんか恥ずかしくなってきて、でもいつもより固くなっているような気がします。

 

そのままへそやお腹のまわりをなめられて、とうとうぺニスです。

 

下着の上から舐められました。

 

でも、自分で自分の姿が見えてて、より興奮してきました。..

 

「パンティーからはみ出してすけべねぇ。いつもこんなに固いの?」

 

「いつもより固いかも。」

 

「ふふっ。」

 

チロチロ先になめてきました。

 

先だけなのに、こんなにも気持ちいいの始めてでした。

さらに今度はパンティーからはみ出ている両方の玉を右から、左からと交互になめられたら、思わず声も出ちゃいました。

 

でももうがまんできなくなっきてつい、

 

「ねぇ、ちんちん奥までくわえてよ。」

 

「いいわよぉ。」

 

ぺニスをパンティーの横からずらして、全部出すと奥までくわえてきました。

 

「おぉ、それ。」

 

自分の姿を鏡で見ながら興奮しています。

 

ゆみさんに横に向いてと言われて横に向くと、くわえている口元がよく見えて、もうアダルトビデオみたいでエロいです。

 

それから、今度は彼女が立つと鏡台に片足をあげておきました。

 

今度は自分が膝まついて、下からパンティーの上からおまんこをなめだしました。

 

「気持ちいいよ。今度は、ずらして直接なめてぇ。」

 

しばらくなめてから、鏡の前で立ちバック、そのまま床の上に寝かされて、騎乗位をしました。

 

お互いのパンティーがイヤらしくみえました。

 

ミントC!Jメール 

 

自分からお尻を俺の顔に向けて、騎乗位を始めました。

 

大きなお尻がメッシュのパンティーごしに揺れて、スゴいです。

 

でも、疲れてきたらく止まったので、今度は俺がついてやりました。

 

「ちょっと待ってぇ。激しい、いっちゃうよぉ。」

 

「いきたきゃいけよほら~」

 

「もうだめぇ。いくぅ~。」

 

とびくんとして、ぐったりしました。

 

「止まらんで腰触れよ。」

 

ゆみさんのお尻をつかんで、お尻を激しく上下に動かすと、自分からまた激しく振り始めました。

 

で、しばらくして止まると今度は自分が下からついてやりました。

 

自分が疲れたら、また彼女に振らせました。

 

これを繰り返して、抜くともうぐったりして、息をはあはあしています。

 

最後はそのまま床の上で正常位です。

 

パンティーをずらしての挿入に、いつもより激しくやりました。

 

とうとう我慢できなくなってきました。

 

自分の様子をみて、ゆみさんが

 

「出そうなの?出して。ザーメン出していいわよぉ。あぁ、わたしもいきそう。」

 

「ゆみさん、一緒に。出る~。」

 

「いっくっう。」

 

一緒に昇天しました。

 

こんなに興奮したのはいつ以来でしょうか。

 

結局ベッドでしませんでした。

 

それから、パンティープレイは続いています。

 

最近はパンティーを渡されて、

 

「パンティーを履いて待ち合わせに来て。そうしないとやらないわよ。」

 

言われるがままに自宅からパンティーを履いて、待ち合わせ場所に来ています。

 

着くときには、いつも軽く勃起しています。

 

部屋に入るなり

 

「もう勃起して変態。」

 

と言われながら即尺されています。

 

熟女の性癖に付き合わされているのに、なんか悦んでいます。

 

ミントC!Jメール