横浜で出会えた熟女は露出が好きな48歳鈴木奈々似の変態熟女

生粋の熟女ファンです。

 

年齢は20代中盤のサラリーマンですが、思春期の頃から40を超えた熟女を見かけると、自然と股間が熱くなってしまいます。

こんな俺が愛用する出会い系サイトがミントC!Jメール

 

ココは変態でアブノーマルな熟女が揃ってメチャ最高です。

今日も元気に出会い系サイト

仕事が終わり晩飯と風呂を済ませると今日も元気に出会い系サイト。

 

いつもの様にミントC!Jメールへログインし欲求不満のドスケベ熟女をさがします。

 

まずはプロフィールを使い下調べ。

 

基本ピュア掲示板で獲物を探すことが俺のルーチン。

 

そしてちょっとでも気になった熟女へメールをガンガン飛ばし、いいね!も送ります。

30分経過…。

 

さっそく一人の変態熟女からメール返信。

 

プロフィールを確認。

 

年齢48歳の専業主婦で明美さん。

 

コメントを読むと、普段旦那の出張が多く一人で酒を呑んでいることが多いらしく、どうやら飲み友を探している人妻みたいです。

まずファーストメールを送ると即返信です。

 

相当暇をして、男とヤりたがっている熟女であることが判ります…。

「こんにちは」。

 

ワンナイ目当てのヤリモク熟女であることは間違いないが、出だしだけは真摯に振る舞います。

 

「飲み友を探しているのですね?」。

 

「子供も今は大きくなって自宅にいないし最近は一人で飲んでばっかり…寂しいんです」。

 

次のメールで、じゃあオナニーばっかりヤっているんですか?…と質問したかったが、嫌われるのがイヤだったのでそのまま世間話を続行。

 

その後も想像以上にやり取りは順調に進んでいった。

露出好きな変態熟女とトイレでオフパコ

やり取り3日後。

「そんなに寂しいなら一緒に飲みに行きませんか?」。

 

だいぶん気心が通じてきたため思い切って勝負にでます。

 

「イイんですか…私おばさんですよ」。

 

アダルトビデオで良く聞くセリフに俺の股間が熱くなり、「もちろんです!」とニコニコマークの絵文字を送れば無事デート迄辿り着けました。

 

待ち合わせ当日。

 

場所は新横浜駅。

 

待ち合わせのコンビニ前に5分ほど遅れて到着。

 

事前ライン交換後に頂いた写メ同様の女が突っ立っています。

 

第一印象。

 

年齢の割には一回り若く見えます。

 

イイ意味で言えばタレントの鈴木奈々が老け込んだ感じで可愛い系。

 

ボディはコートを着ているため詳細は判らないが、オッパイはかなり膨れ上がり大きそうです。

 

明美さんはいきなり「ゴメンナサイ。今日2時間くらいしか時間取れないの」と言われてしまいます。

 

2時間…。

 

いきなりラブホなら丁度イイかもしれないが、それは短すぎる…。

 

そして俺になりに出した結果は「軽くお酒呑み行きましょう」。

今日が駄目なら次回オフパコしよう…と思い、目の前にあった居酒屋へ入店。

30分経過。

吉報です!この女性以外にお酒に弱い。

 

且つやたらボディタッチもしてくるし、Hトークも普通に出来るため俺の股間はビンビンです。

 

そして明美さんから「どうする?これから」。

 

卑猥な目つきで俺を明らかに誘っています。

 

「良かったらホテル行きます?」。

 

俺は勝負に出ます。

 

「ダメよ、シャワー浴びたらスグ時間無くなるし…」。

 

彼女がやる気満々であることは判った。

 

ここで明美さんが行動にでる。

 

明美さんはお店の会計を出してくれ、「一緒に散歩しよう」と言ってきた。

 

俺は指示通りそのまま店を出ると、サッカー場に向け一緒に歩いていきました。

時間は既に夜の10:00を回っているせいか行きかう人もまばらです。

 

「ねぇ、私こういうの好きなの」と明美さんが言うと、いきなりコートの前を全開。

 

オオ―!それはまさに亀甲縛り!!

 

しかもノーパンで縄がアソコに食い込んでいる姿は凄く興奮します。

 

「私こんなの好きでたまにやっているの…」。

 

居酒屋でもコートを脱がったのが気になっていましたが想像以上に変態な熟女です。

こんな姿を見せ続けられると、さすがの俺も我慢出来なくなりました。

 

園内に入り、公衆トイレ脇で明美さんへフェラをお願いします。

 

明美さんは迷うことなく俺のチンポをシャブリ始めます。

 

凄い吸引に下手すれば今すぐにでも発射しそう…と思った瞬間、前方からカップルが!

 

一度明美さんへフェラをストップするようお願いしますが、この変態女はこういうシチュエーションも好きみたいでなかなかやめようとしません。

 

さすがにヤバイと思い、俺は半ば強引に隣にあるトイレへ明美さんを連れ込み後ろから犯すことに。

 

「アッ、凄い…大きい…旦那より凄い!ア~」

 

絶対外へ声が漏れていると思いますが、今の俺はそんな事どうでも良くなっています。

 

「パンパンパン…」。

 

異常なほどアドレナリンが上昇し続ける俺はあっという間に発射してしまいました。

最高に痺れる変態熟女でした。

 

明美さんとはこの日を境に野外や車の中でもオフパコするイイ関係となっています。

 

勿論明美さんは毎回亀甲縛りで登場しています。

 

変態熟女と出会いたいなら

↓    ↓    ↓

ミントC!Jメール登録はこちらから