横浜で出会った美熟女とのセフレ生活

私には出会い系サイトで出会った中出していつでもOKの変態セフレがいます。

 

そうなったのには私のエッチなこと大好きな性格とエッチなことは何でもしたいという興味にあると思います。

 

私はそれがいつでもできるのです。

 

私がそんな女性をゲットした体験談をお話しします。

 

私は自分で言うのも何ですが、相当の変態だと思います。

 

あらゆるエッチなことを経験してきたし、エッチなお店にも行ってきました。

 

友人のエッチな体験談を聞けば自分もしたくなるし、それを体験談だけではなく風俗でひたすら実施していました。

 

私は女の子の嫌がることをどんどんしたいという性癖が有ります。

 

具体的に言えば「淫語プレイ」が大好きです。

 

普段は恥ずかしくて言えないようなことを女の子にどんどん言わせたい願望が強いです。

 

彼女とのエッチ、友人とのエッチでも挿入と同じぐらい淫語プレイが興奮します。

 

「淫語プレイをもっとしたい」という欲求が強いことから、それを望む女性を求めて週に最低2回はSM風俗に通っているほどです。

 

そんな私はミントC!Jメールには変態熟女がそろっていることから思う存分隠語プレイを楽しむことができました。

 

私の場合はエッチな言葉を自分から堂々と言ってしまう女の子にはかえって萎えてしまうのですが、少し恥ずかしがりながらも徐々にエッチを解放していくM女との隠語プレイの方が興奮します。

 

そして、出会い系サイトを利用し1ヶ月ぐらいたったころ「さき」という女性とプレイをしたときに性格や思考が100%マッチしていることがわかりました。

 

私はさっそくLINEを交換し、まずは「テレエッチ」をしました。

 

「おま○こどうなってる?」「おち○ち○をどうしてほしい?」というエッチな問いかけにも恥ずかしがりながら小声で答え「え?」と聞き返すとはにかみながら答えるような仕草、そして隠語プレイが激しくなるにつれて自分のエッチもどんどん解放してくるような性格がたまらなく最高でした。

 

しかし、私の体験談はそれだけでは終わりません。

 

風俗でプレイを楽しんだ後に後日実際に会い、ホテルでプレイを楽しんだ体験談なのです。

 

私は風俗で美熟女のさきちゃんとプレイを楽しんだ後に「さきちゃん最高だよ。よければこれからも会わない?いつでももっと気持ちよくしてあげるよ」と言うと彼女は少しとまどいながらも「はい」と言いました。

 

そして私たちは連絡先を交換しました。

 

そしていざ当日ファミレスで軽く腹ごしらえをした後、ラブホテルに直行しました。

 

「せっかくだから」と一緒にシャワーを浴び、早速プレイを開始しました。

 

キスから徐々に激しくなっていったのですが、ここでも私は遠慮のない淫語プレイで攻めていきました。

勃起したアソコを握らせ「これをどうしたい?」と言ってフェラをさせたり私の淫語プレイで興奮した彼女に「なんでこんなにビショビショなの?」とおま○こを自ら広げさせたりしました。

 

そしてその後は淫語プレイでお互いの興奮したアソコを生で合体させ激しく動きました。

 

最後は「出すよ?中に出すよ?」と言い大量の精液を出しました。

 

笑顔で「中出ししてくれてありがとう」と言わせて私はまた勃起しました。

 

SMテレクラで出会ったさきちゃんとはLINEを交換して個人的な淫語プレイをひたすら繰り返して楽しんでいます。

 

もちろん、電話での隠語プレイに収まらず、実際な会って淫語プレイと中出しエッチを何度も繰り返しています。

 

まさか出会い系サイトで私の淫語プレイ好きの欲望を満たしてくれるこんなにも変態セフレに出会えるとは思ってませんでした。

 

出会い系サイトはただの恋活のばではなく、自分の理想の出会いが集まっている場所だと感じました。

 

その場での興奮を共有し、気持ち良さをお互い感じあい、実際に出会ってプレイができるきっかけがつまった場所です。

 

私は彼女との出会いで自分自身の価値観が一気に変わりました。「理想の人に出会える」という意味でも出会い系サイトはオススメです。

 

ミントC!Jメール登録はこちらから