横浜根岸の公園で41歳、清楚な壇蜜似の変態露出熟女をバイブを縄で固定して散歩させた。

私がミントC!Jメール で出会ったおいしい話しをさせていただきます。

 

私はSタイプの男性で、日ごろからMの女性を探してサイトを徘徊しているのですが、M女の中でも羞恥露出系のプレイが好きで、そういうプレイをしてくれる女性を探しているのです。

 

そんなある日、たまたま平日に仕事が休みの時があり、昼間から暇していたので、サイトを徘徊して探していました。

 

そうすると掲示板に露出に興味があるという子を発見しました。

 

早速その子にメールをして会えないかアプローチしました。

 

その子は41歳の女性で以前のセフレに露出調教をされていてハマってしまったとのことです。

そのセフレとは別れてしまっていて一人では勇気が出ず露出プレイはしていないとのことなので、私がエスコートするので露出プレイをすることになりました。

 

そして、私が彼女の住む街の近くの駅まで車で迎えに行くことになりました。

 

そして、根岸駅で待ち合わせです。事前に私の車と服装を伝えていて、向こうの恰好も聞いていたので、すぐに会うことができました。

 

出会った彼女は41歳とは思えないほど若々しくて、真面目で少し落ち着いた雰囲気で見た目は少し壇蜜さん似の感じの子でした。

 

早速車に乗せて、ドライブがてら露出スポットへ行くことになりました。

 

もう夕方近くで少し日が暮れていたので、露出にはピッタリです。

 

そして、車でとある公園に行くことになりました。

 

その公園は大きな公園で、家族連れの多い公園になります。なので、なるべくバレないように再三の注意をして夜になるのを待ってました。

 

そこで彼女を歩かせようと思いました。

 

彼女には事前に露出できそうな恰好で来るように伝えてありまして、彼女はボタン式のワンピースと薄手のコートを着てきました。

 

胸はそれほど大きくいですが、細見でスレンダーで透き通る肌がとてもキレイでエロかったです。

 

そんな体が露出されると考えるだけで興奮します。

 

そして、目的の現場へ到着。早速彼女をエスコートしながらまずは人気のない場所で裸にして歩かせます。

 

夜の闇の中で公園の外灯が彼女の裸をエロく照らします。

 

とてもキレイでした。

そして、そのまま人気のいない林の中に散歩です。

 

 

人気のない場所を全裸の彼女とともに歩きます。

 

彼女はすでに興奮していて、歩くたびにクチャクチャと濡れている音が聞こえてきます。

 

とてもエロかったです。

 

今度は、公園の公衆トイレに連れて行き、バックに入れておいた縄とバイブを出して。

 

女子トイレの中で胸を上下をを縛り腰に縄をかけ2重に縄股を掛けました。

 

その縄股にバイブを挟んで抜けないようにして、散歩するように命令しました。

 

あまりにもバイブに衝撃に歩くのが困難であるので、全裸はやめてコートを羽織って散歩させました。

 

内股でぎこちなく歩く姿は正直興奮してました。

 

「ヴュイーン」という音が聞こえないように人と出会うと会話をして誤魔化してましたが、なんだかわかっているような感じでした。

 

誰もいないと感じたらコート脱がせ、散歩させました。

 

時には、乳首を摘まんだり、股縄を引っ張ったりしました。

 

股縄を引っ張られたら彼女はその場でしゃがんでしまい。

 

失禁してしまいました。

 

「悪い子だね」と罵り、バイブを最強にして彼女を苦しめました。(悦んでもらいました)

 

「お願い、もう許して!」と嘆願するが無視して歩かせる。

 

また、近くの公衆トイレがあったので、そこに連れ込み

 

お股をチェックすると、こんなに濡れている女性は初めてみました。

 

ネバネバした愛液が太股まで垂れているのがわかる。

 

股縄はもうグチョグチョである。抜いたバイブは愛液まみれである。

クリトリスが縄に擦れて赤く腫れて以上に大きなっていた。

 

クリトリスを指で触ると彼女は震えて潮吹きをしてしまった。

 

完全に彼女の表情が妖艶な感じであった。

 

本当はもっと見せながら楽しみたかったのですが、彼女の時間があまりなかったので、その日は泣く泣くその場を離れました。

 

しかし、それだけでも大興奮で最高に楽しかったです。

 

そして、本当はそのままホテルへ行き彼女を堪能したかったのですが、タイムリミットが近かったので、じっくり堪能するのは諦めて公園の中の茂みへ連れていき、先ずは奉仕してもらいました。

 

大興奮したちんこの先は我慢汁がでていて、彼女はその我慢汁を舌先でソフトクリームを舐めるようにして美味しそうにして舐め、口の中にちんこの奥まで入れて上下に顔を動かしてきました。

 

大興奮しているので直ぐにでも射精寸前になったので、

 

口からちんこをだして彼女を立たせて、

 

立ったまま後ろからいきり立ったイチモツを彼女の濡れまくったアソコへ入れてあげました。

彼女のあそこはとても濡れていて感度も良く、しかも締りも良くとても気持ち良く、彼女も久しぶりの露出からかとても感じてくれていました。

 

そして、あまりの気持ち良さにあっという間にフィニッシュ。

 

彼女のおしりにかけてあげました。

 

そして、彼女が帰らないといけない時間になってしまったので、急いで準備をして車で帰りました。

 

彼女も楽しかったと言ってくれたので、また次会う約束をしてその日は別れました。

 

次はもっとゆっくり堪能しようと心に決めました。それほど興奮して楽しかった出会い系でのプレイでした。

 

こんな体験をしてみたいなら、こちらで

↓   ↓   ↓   ↓

ミントC!Jメール