川崎でドSな性癖を持つ変態美熟女とのプレイ体験

私は射精をすることに依存的な執念をもってます。

 

ほぼ中毒です。

 

その日も私はAVを見ながらオナニーをしてきました。

 

私は性的な面に関して一つ大きな憧れがあります。

 

それは「女性に思う存分攻められてみたい」ということです。

 

以前からM気質が強い私は「女性にいじめられる」ということに対して強い憧れがあります。

 

しかし、日常生活では私の理想とするような女性にはなかなか出会えないということもあり、私は出会い系サイトに登録してそういった女性を探すことにしました。

 

ネットで評判の良かった「ミントC!Jメール」を利用することにしました。

 

「私のことをいじめてくれる女性、且つ好みである「人妻・熟女」である人妻を探しています」と思ったことを隠さずストレートに書きました。

 

そして、そんなプロフィールを見た何人もの人がメッセージをくれました。

 

その後メッセージで彼女たちがどれほどなのかを探りましたがそこほとんどが「中途半端」でした。

 

しかし私が求めていたのは「とことんいじめてもらえる人」でしたので中途半端な人はお断りしていました。

 

「私、人妻系のSM風俗で働いているんです。きっとあなたの理想だと思えるプレイができますよ」というメッセージが来ました。

 

「例えばどんなことですか?」「恥ずかしいポーズをしながら精子を出し続けてあげます♪」「身動き取れないですよ?きっとね。」といったエッチなやりとりにどんどん私の興味はそそられました。

 

SM風俗で働いているだけあり、どうやらかなりのS気質がありそうな様子でした。

 

私は早速LINEを交換し、LINEでもっと詳しくやりとりをしていきました。

 

そして、私の勘は確信だと実感したので、実際にその彼女と会う約束をしました。

 

約束の当日は私が待ち合わせ場所の川崎に遅れて行きました。

 

私も彼女もお互いすぐに「この人だ」と気づきました。

 

彼女の第1印象は髪は少し茶色で細身の身体、そして年は40歳ぐらいで正に「熟女」である大人の女性でした。

 

その後カフェで少しお茶をしたのですが、お茶中の内容も「どんなエッチが好きで、どんなエッチが好きか」というもので、まるでこの後私たちがするエッチのリクエストタイムのようでした。

 

その後、カフェを出てホテルに直行した私たちは彼女、私という順番でシャワーを浴びました。

 

私がシャワーから浴びると彼女はベッドの枕元に色々なプレイグッズを準備していました。

「やる気満々なんだな」と思い私は彼女に飛びつきました。

 

抱きしめ、キスをするところまでは良かったのですが、胸を揉もうとした時に彼女のS気質が発揮されて来ました。

 

「何勝手に触ろうとしてるの?」「誰がそうしていいと言った?」と言いながら私をベッドに押し倒し、腕を縛りました。

 

彼女は私の乳首を攻められ、すぐに勃起してしまい、それを見た彼女は「こんなんで立っちゃうなんて、悪いオチ◯チ◯ね」とアソコを扱き始めたのでした。

 

「はぁ…はぁ…き…気持ちいい…」と感じる私に「何?聞こえない?」と言われ「気持ちいい」と言うと「もっと大声で言いなさい!」とさすがSM風俗で働いていると言わんばかりのプレイをしてきました。

 

その後彼女はそのSMグッズを次々と私に使って来て、イキそうになっては寸止めする、を繰り返されました。

 

しかし私は彼女のテクと「いじめられてる」という興奮に負け、イッてしまったのですが、「誰がイッていいって言ったの?」と彼女に怒られながら彼女は徐に私のアソコを扱き、フェラをしました。

 

すぐに私のアソコも回復し挿入しましたが、挿入中も私が腰を振ることは一切なく、基本的に彼女から攻めて来ました。私は抑えきれずすぐにまたイッてしまいました。

 

ドSな性癖をもつ彼女と1回エッチをしただけで私はすぐに彼女の虜になりました。

 

そしてその後何度も彼女と連絡を取り合いいじめてもらっています。

 

今では離れられない関係になりました。

 

こんな関係を試しませんか?

↓    ↓    ↓

ミントC!Jメール