川崎で黒木メイサ似の素敵な女王様とSM体験談

38歳男性で既婚者です。

 

私の性癖は完全М。

 

昔はSM専門の風俗店に行くのがルーチンでしたが、やはり子供が出来ると費用もかかるため自嘲することが増えました。

 

そして最近私がハマっているのが、出会い系サイトミントC!Jメール

 

ここは想像以上に女王様も数多く潜んでおり、風俗と比べると安く済みますので大変助かっています。

 

ミントC!Jメールでパートナーが見つかりました。

 

出会い系サイトはミントC!Jメールをよく利用しています。

 

ここに登録する女はほぼヤリモク目当ての変態女が多いし、検索機能を使えばSMパートナーも探しやすいというメリットがあります。

 

1年ほど前の話し。

 

週末満たされない欲求を吐き出したく、ミントC!Jメールへログイン。

 

アダルト掲示板からアブノーマルで検索してみると、ビックリするほどの数がヒットするから堪りません。

 

そして私一番気になった女性が40歳の看護師、サクラさん。

 

PRには「はじめまして。20代の方はご遠慮いたします」。

 

なかなか強気の女性であることは間違いなく、想像するだけでも股間が熱くなる女性です。

 

私は即メール送りました。

 

日中に送りましたがやはり仕事が忙しいのでしょう。即返信とまではいきませんでしたが深夜に彼女からメールが返ってきました。

 

「ゴメンナサイ。今日は夜勤です」。

 

ここから概ね10往復ほどやり取りがありました。

 

サクラさんからは私の性癖、過去どんなSMプレイをやったかなど、メールだけでもイッテしまいそうなくらいエロイ質問ばかり。

 

そしてお互い相性を確かめ合ったあと、次回彼女との約束が取れました。

 

 

〇ひわいに責められ何度もお尻を犯されました。

 

待合せは川崎ドンキホーテ前。

 

その日はサクラさんが夜勤明けの日です。

 

5分前に到着した私がスマホを暫くいじっていると、彼女の方から声をかけてきました。

 

部類で行けば綺麗系。

 

有名人で言えば黒木メイサ似。

 

更にボディは間違いなくFはアリ、尻もブリブリのグラマーさん。

 

久しぶりの大ヒットに私の気持ちも一気に高ぶりました。

 

軽く挨拶を済ませるとサクラさんから案内されるようにラブホへ向かいます。

 

ラブホ到着。

 

受付を済ませルーム内に入るとサクラさんはさっそくプレイに移ってきました。

 

「優しい方がイイんだよね」。

 

私は頷きます。

 

大きな鏡の前に連れていかれ、サクラさんは私の背後から軽くハグ。

 

そして「奥さんと娘もいて、こんなスケベなお父さんの性癖バレたら大変ね」と耳元で囁きながら、優しく乳首を撫で回してきたり摘ままれたり…私の体に電流が流れ始めます。

 

「お尻…ちゃんと入っているかな」とサクラさんから言葉をかけられると、一気にズボンとパンツを脱がされました。

 

…実はサイト内でサクラさんからエネマグラを尻に入れて出会う約束を交わしていました。

 

サクラさんは私をベッドに押し倒し両足を広げたあと、ケツの穴も左右に広げます。

 

凄く恥ずかしいですが何故か興奮します…。

 

そして私へ手錠を付けたかと思うと顔面騎乗です。

…ノーパンです。

 

サクラさんから昨日から風呂に入っていないとことを告げられます。

 

…確かに通常の甘酸っぱさより更に強い匂いを感じることが出来て幸せでした。

 

サクラさんはブリブリの尻を私の顔で振りまくりながら乳首も摘まんでくれます。

 

この時私の亀頭から一気に我慢汁が湧きだし、サクラさんから厳しく罵倒されました。

 

「この変態オヤジ。娘見ても我慢汁垂らしているんじゃないか」。

 

心の中では…違う、娘のことなど考えて…など叫ぶ私ですが、近親相姦的な言葉責めはなぜか興奮するモノです。

 

今度は四つん這い。

 

エネマグラを抜かれるとフワッとした脱力感から糞が出そうになりますが持ちこたえます。

 

ここでサクラさんが私から離れ、着ていた服を全て脱ぎ始めます。

 

想像以上に素晴らしい肉体…と見惚れているとサクラさんの股間から真っ黒なマラが登場です。

 

憧れのパニスバンドです…

 

サイズ的には特上で間違いありません。

 

サクラさんはそれを私の口に近づけてきます。

 

もちろん私もフェラを開始。

 

…こんなデカいマラで何度も尻を突かれたら壊れるのではと思う位のサイズで、私はなども咳き込んでしまいました。

 

サクラさんは決して妥協する人ではなく、一気に私のアナルに差し込みます。

 

思わず苦しい声が出ますが、サクラさんは笑い飛ばし、そしてひわいな言葉で尻を突きまくります。

 

ふと隣にある鏡を見ると、中年オヤジが官能的な顔をして女王様から何度も何度も尻を叩かれ喜んでいる姿が映っていました…。

 

堪らず射精したい時が幾度も訪れますが、女王様から射精管理を受けています。

 

またあらゆる体勢から尻を犯されました。

 

バックから正常位に、そして対面座位。

 

本当に素敵な時間です。

 

私は自分が女になっていくような気分を味わいながら、ようやく女王様からお許しをいただきテコキフィニッシュ。

 

最高の時間をいただきました。

 

あの日以来サクラさんとのプレイが忘れられず、ラインで何度か連絡をしますが返事はありません。

 

仕方ないので、次回も出会い系サイトでパートナーを探しを続けています。

 

変態パートナーを探したいなら

↓      ↓      ↓

ミントC!Jメール登録はこちらから