川崎で43歳西田ひかる似がアナルセックスを希望しました

私は30代の未婚の男性ですが、最近の同年代の男性は未婚の人が増加しているので、未婚であることに不満を感じていません。

 

しかし私が未婚であるのは、私自身の女性の趣味が熟女だからということが、大きな理由になっています。

 

私の両親は比較的早い年齢で結婚して、私を含めて3人の子供を出産しました。

 

そうしたこともあって私の両親は、出産適齢期の女性と結婚して、孫を生んでほしいという意見を持っています。

 

いっぽう私は先述のように熟女が好きであるために、結婚する人が出産を出来るとは限らないのです。

 

したがって私は両親の反対されないように、結婚をすることなく安全に熟女とお付き合いするために、出会い系サイトミントC!Jメールを利用するようにしています。

 

私が利用しているこのサイトには、同じ熟女であっても年齢や容姿や収入など、いろいろな要素を互いが入力して、そのなかで自分に合った相手を見つけることができます。

 

それでもいつも利用していると、結局は同じような展開になることが増えてきたため、少し変わった性的趣味を持つ女性を希望してみたのです。

 

そうするとそんな変わった性的趣味があるとは思えない、とても端正で真面目そうな43歳西田ひかる似の女性が、私との出会いを希望してくれました。

 

そこで早速私はその女性と会う約束をして、出会って1時間も経たないうちにホテルにチェックインしたのです。

 

私が希望した少し変わった性的趣味とは、アナルセックスが出来ることです。

 

アナルセックスについては、昔から興味があったので、お付き合いした女性に試みたことが何度かありました。

 

しかしアナルへの愛撫程度であれば受け入れてくれますが、挿入となると受け入れてくれる女性はいませんでした。

 

そのためあえて希望したのですが、とても良い体験が出来て喜んでいます。

 

ホテルに入ってアナルセックスについて初めてであると伝えると、彼女の表情は大きく変化して、とても嬉しそうでした。

彼女の言葉を借りると、アナル童貞を奪うときほど快感を覚えることはないそうです。

 

男性でも女性の処女を奪うことに喜びを感じるタイプが存在しますから、彼女の言葉の意味は分かるような気がしました。

 

プレイの初めは一般的なセックスから始まりましたが、彼女の感度はとても良くて、私は危うくすぐに射精しそうになるほどでした。

 

そして徐々にプレイが盛り上がってくると、いよいよ待望のアナルセックスが始まります。

 

ここまでは私が主導的にプレイしていましたが、ここからのプレイを主導的に進行するのは彼女の方で、私はまな板の上の鯉のような状態です。

 

それでも初めての体験ということもあって、それまで経験したことがないほど私は異様な興奮に包まれた状態で、下半身も興奮したまま収まることがありません。

 

実際に挿入されると、これまで普通のセックスで味わった感覚とはまるで異なる、生温かさと独島の締め付け具合でとても気持ちいの良いものです。

 

私はだんだん病みつきになってきて、主導権を彼女から奪うように、自分から積極的に動き始めます。

 

すると彼女もそれに呼応するように、私の動きに合わせて上手くリズムを合わせてくれるので、流石といった感じでした。

 

そうして私の射精と共に第1ラウンドが終了しましたが、彼女のテクニックは抜群で、すぐに私のモノは元気を取り戻します。

 

このような初めてのアナルセックス体験は、初めてなのに1夜で3度も射精しましたし、彼女の絶頂は数えきれないほどでした。

 

彼女との関係は、その後も数回継続しましたが、やはり彼女はアナル童貞への興味が強いようで、新しい出会いを求めているようです。

 

そして私の方は同様のアナルセックスを希望していますが、彼女以上に良い感度の女性に出会ったことはありません。

 

ミントC!Jメール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です