横浜で出会い系サイトで知り合った49歳、篠原涼子さん似のドMな変態熟女を野外調教

熟女狙いの穴場的存在、ミントC!Jメールで検索

 

人妻と知り合いたいので利用しました。

 

ご存じの通り、このアプリは20代女性が活発に活動しています。

 

その為、40代の熟女は競争率が低くて穴場となっているのです。

 

いつも通りまじめな出会いだけをチェックしました。

 

熟女は身バレを気にする人や恥ずかしがり屋も多いのでアダルト版よりこちらの方が遭遇率は高いのです。

 

早速、検索を掛けると49歳の真面目そうな熟女が目に止まりました。

 

お名前は恵理さん。

 

職業はOLと書かれています。

 

「週末の夜に食事とか行ける男性を探しています」

 

体の関係をあからさまに求める女性は逆に怪しいのでこういうコメントは楽しい出会いに繋がる確率が高いです。

 

美味しいパスタが食べられる店を紹介しつつメッセージを送信しました。

 

2時間ほどしてメッセージが返ってきました。

 

サイト内でお互いの自己紹介や日常生活の話を10回ほどやり取りしてLINEを聞き出しました。

 

篠原涼子さんに雰囲気の似た可愛い女性だったので会うのが楽しみです。

 

初デートでドMな性格を告白されました

 

1週間ほど、恋人気分が味わえる楽しいLINEのやり取りを楽しみました。

 

趣味が園芸という事で私との共通点があり花の話題で盛り上がりました。

 

最近ハマっている多肉植物の画像を送り合っていると知り合ったばかりとは思えない距離の近さにお互い気付き始めました。

 

「なんか、こういう自然な関係になれるのって良いですね」

 

「出会い系アプリで知り合ったと言うより友達から恋人未満の関係になったみたいです」

 

週末、まずは顔合わせをしてみようと誘いがあり紹介したパスタ屋に行く事になりました。

 

待ち合わせ時間、10分前に着くと店の前に恵理さんが立っていました。

 

体型はぽっちゃりさんですが決して太っている訳ではありません。

 

プロフ写真通り、篠原涼子さんに雰囲気が似た可愛い女性です。

 

肌も綺麗で全く年齢を感じさせない美しさに目を奪われました。

 

美味しいパスタを食べながら出会い系アプリを利用した経緯を聞き出します。

 

「実は、あたしこのアプリで知り合った男性と3年お付き合いしていました」

 

「その後も、何人か知り合ったのですがどうも体の相性が悪くて」

 

「あたし、判り易く言えばドMなんですよ」

 

過去に試したプレイを提案してもきっと満足して貰えないはずです。

 

そこで、野外調教の提案をしました。

 

の無い場所でバイブ責めをしてそのまま立ちバックで突き回す話をしてみたのです。

 

「そういうの…すごく好きです」

 

「この後、やってみたい気分になっちゃいました」

 

少し恥ずかしそうに下を向いて答えてくれたのですが、嬉しそうな表情を浮かべています。

 

初デートで熟女のあそこを弄ぶ野外調教

 

車を取りに行き店の前で恵理さんを拾いました。

 

ワンピースを着ていたのでそっと太ももを触ったのですが抵抗しません。

 

そのまま股に手を伸ばしてパンツの上からあそこを撫でると指に湿った感触が伝わりました。

 

吐息を漏らして目を閉じ、快感に浸っています。

 

胸を触ろうとしたらボタンを2つ外してくれました。

 

手を伸ばすとマシュマロの様に柔らかい感触が伝わります。

 

推定Dカップの巨乳を手からはみ出る程でした。

 

車の運転に集中しないと危険だから必死で理性を押さえます。

 

30分程走って山道に差し掛かると目の前にポツンと明かりが見えてきました。

 

ここはドM女性を連れ出す時に利用する事が多い無人のアダルト自動販売機が並んでいるお店です。

 

駐車場に車を停めて恵理さんを連れ出します。

 

コンテナを改造した店内には自動販売機が5つ並んでおりアダルトグッズやエロDVDが販売されています。

 

「こういうのまだあったんですね」

 

「懐かしいです」

 

「あ、このバイブ光るんですね」

 

指をさしたのはクリバイブが付いた2点責めが楽しめるスケルトンタイプのバイブでした。

 

早速購入してパッケージを開けて電池を入れます。

 

ウィーンという独特の卑猥な音を響かせてクネクネと動き回りました。

 

ピカピカと赤いLEDランプが点灯してエロい気分を盛り上げてくれます。

そのまま店の裏側に連れ出してDキスをしました。

 

舌をグイグイ突っ込み口の周りが涎でベトベトになります。

 

壁に手を突かせて後ろ向きに立たせ、一気にパンツとパンストを足首まで下げました。

 

ワンピースを捲ると大きなお尻が丸見えになります。

 

「恥ずかしいです…でも興奮します」

 

指マンするとすでにびしょ濡れでクチュクチュとエロい音が響き渡ります。

 

声を必死に殺す姿に興奮した私はバイブをあそこに突っ込んで全開で突き回しました。

 

脚をガクガクさせて快感を楽しみ絶頂を繰り返しています。

 

「こういうの好きなんでしょ?」

 

「人に見られている想像をしてみてよ」

 

アナルまでヒクヒクさせて快感に浸る姿は間違いなく変態です。

 

奥までバイブを突っ込みパンツを履かせて固定するとピカピカと赤い光が卑猥に輝いています。

 

しゃがませて肉棒を口に突っ込み激しくイラマチオしました。

 

喉奥まで突き回すと苦しそうに涎を垂れてもがきます。

 

ほっぺたを唾液まみれの肉棒でびんたすると嬉しそうな表情を浮かべました。

 

「もう、我慢できないです」

 

「ここでして下さい」

 

ゴムは車の中に敢えて置いてきました。

 

「ゴム、車から取ってきて」

 

「恥ずかしいならこのまま中出しするよ」

 

迷った表情を見せて腰をくねらせながら車にゴムを取りに行きました。

 

「じゃあ付けて」

 

肉棒を優しく握りしめてゴムを付けてくれました。

 

そしてパンツを剥ぎ取り立ちバックで思い切りあそこを突き回します。

 

声が出ないようにマン汁まみれのパンツを口に突っ込んであげました。

 

フロントのボタンを全開にしてブラをずらして巨乳を両手で鷲掴みにします。

 

パンパンとエロい音が響き渡り最高の興奮が味わえました。

 

熟女なのにあそこの締まりが素晴らしく膣道を掻き分けて挿入する快感が楽しめます。

 

奥まで突き回して恵理さんが果てたタイミングで私もイキました。

 

ゴムを外してお尻にぶっかけてあげたのです。

 

そして唾液とマン汁が染み付いたパンツで拭き取り再び口に突っ込みました。

 

車に戻って感想を聞くと大絶賛してくれました。

 

もっとHがしたいと言うのでこの後、ラブホテルへ移動して朝まで休憩を挟んで2回もセックスを楽しみました。

 

今でも恵理さんとはセフレとしてお付き合いしており、最近は更にM気質に磨きがかかっています。

 

パンツにローターを仕込んでコンビニへ行かせたり、アダルトショップへバイブを買いに行かせたりと露出プレイを楽しんでいます。

 

真面目そうな熟女はドMな性格の方が多いので本当に助かります。

 

特にミントC!Jメールはパートナーと楽しめない性癖を満たす目的で利用している熟女が多いので美味しい思いを沢山しています

変態熟女はここにいます。

↓    ↓    ↓

ミントC!Jメール登録はこちらから