縛られないと感じない色白熟女と思いっきり楽しんできました

ミントC!Jメールのアダルト掲示板で超好みの女性を見つけました。

 

決して美人ではないのですが、見事に私のストライクゾーン。

 

彼女の名前は魔子さん。

 

42歳のぽっちゃり人妻というのもなかなか美味しそうです。

 

ちょっと口元を隠した感じが素人っぽい?

 

そんな訳で早速メッセージを送ってみることにしました。

 

ここはストレートに・・・

 

「一目惚れしちゃいました!」

 

するとしばらくして彼女から返信が来ました。

 

「ここだとちょっと話しにくいからLINEでも良いかなぁ?」

 

おっ?いきなりLINEとは会える確率も高い?

 

さっそく私のほうからLINEのIDを送信。

 

すぐに私のLINEにメッセージが入りました。

 

ちなみに彼女の話しにくいという内容ですが・・・

 

「出来たら援助して欲しい。金額はホテル別で1万円。」

 

「コンドームは絶対に付けて下さい。」

 

「ちょっと変わった性癖があるんだけど、付き合ってもらえませんか?」

 

こういった内容でした。

 

ちょっと変わった性癖というのが気になったので聞いてみたのですが、それは会ってからのお楽しみと。
その性癖と言うのがちょっと引っかかりましたが、何といっても破格の1万円。

 

しかも思いっきりタイプとなれば、会わない訳にはいきません。

 

そんな訳で翌日の午前10時に待ち合わせすることになりました。

 

待ち合わせ場所にやって来た魔子さんは写真で見る以上に私好み。

 

もうその時点で私の股間は思いっきり勃起していました。

 

そして彼女の口から・・・

 

「時間がもったいないから急いでホテルに行こう!」

 

そんな嬉しい言葉が。

 

とりあえずサービスタイムいっぱいいっぱい大丈夫だというのでコンビニで食べ物や飲み物を購入。

 

そして急いでホテルに向かいました。

 

ホテルに入って私から彼女に変わった性癖について質問。

 

すると彼女、持ってきたカバンの中から縄や手錠、アイマスクに大人のおもちゃといろいろ出してきたんです。

 

 

「私、縛ってもらわないと感じないんです。」

 

 

ちなみに私、SMなんて経験が無いので上手く縛れる自信がありません(汗)。

 

そんなことを彼女に伝えると・・・

 

「SMみたいなのじゃなくて、動けない状態に興奮するの。」

 

なるほど、それなら何とかいけそうだぞ。

 

そんな訳でとりあえず一緒にシャワーを浴びることにしました。

 

肌の色が真っ白で、ややポッチャリ気味の彼女の体がメチャメチャエロいです。

 

そんな彼女の体を隅々まで洗ってあげました。

 

そしてベッドに移動。

 

まずは彼女に目隠しをして、彼女の両手を手錠で拘束。

 

 

さらに縄を使って足を固定して完全に動けない状態にしました。

 

そんな状態でまずはローターを使いながら彼女の全身を責めていきます。

 

乳首とクリトリスが弱いらしく、その2点を責めると思いっきり声を出してよがります。

 

 

オマンコが良い感じに濡れてきたところで電動こけしの登場。

 

細いモノから太いモノまでいろいろあったので、まずは細いものを彼女のオマンコに突っ込みます。

 

電動こけしとローターのダブル攻撃で彼女のオマンコはもう大洪水でした。

 

 

「もっともっと!」

 

 

そんな風にせがむ彼女。

 

今度は彼女が持参した電動こけしの一番太いやつを使うことに。

 

オマンコに突っ込んであげると、すぐに失禁しながらイッちゃいました。

 

そんな様子を見てたら何だか興奮しちゃって、メチャメチャに虐めたくなっちゃいました。

 

彼女の姿勢をうつ伏せに変えて、そのまま電動こけしをオマンコに挿入。

 

さらに彼女のアナルに一番細い電動こけしを突っ込んであげることに。

 

これには彼女もちょっと驚いた様子でしたが、とにかく身動きが出来ない状態なので私の好き放題です。

 

オマンコとアナルを同時に責めながら、彼女の口に私のペニスを喉の奥まで突っ込みます。

 

吐きそうになりながらも私のペニスをしっかりと咥え込んでくれました。

 

もうベッドの上は彼女の愛液とおしっこで凄いことになっています。

 

そんな感じで2時間くらい責め続けたので、私も彼女もグッタリ。

 

ここで一度、彼女の拘束を解いて一緒にお風呂に入ろうと提案しました。

 

彼女はもうフラフラだったので、どさくさに紛れて湯舟の中で生で挿入。

 

「えっ?えっ?」

 

ちょっと驚いた様子の彼女でしたが、そんなのは無視。

 

しばらくペニスで彼女のオマンコを楽しんだ後に、またベッドに戻ります。

 

そして再度、彼女を手錠と縄で拘束。

 

 

「中にだけは絶対に出さないで!」

 

 

そんな風に言う彼女。

 

ということはコンドーム無しでもOKってことだな?

 

完全に動けない彼女のオマンコに再度生で挿入しました。

 

しばらくすると出そうになっちゃったので、このまま出すよと。

 

すると彼女・・・

 

 

「いやぁぁぁぁぁっ!」

 

 

凄い声で叫びました。

 

まぁ私も冗談で言っただけなので彼女のお尻に出したのですが、彼女をレイプしているようなシチュエーションにちょっと興奮しちゃいました。

 

この後もサービスタイムいっぱいいっぱい彼女を虐めてあげたのですが、最後まで感じまくっていました。

 

そして最後に一緒にシャワーを浴びて終了。

 

彼女に約束の1万円を渡すと・・・

 

「凄く良かった。また会って下さい!」

 

そんな嬉しい一言。

 

今度は何か違うプレイを楽しみたいなって思っています。

 

ミントC!Jメール