川崎の大学生の私に彼女が出来ないワケは熟女との出会い

「お金は良いよ」と断ったのだが、Aさん(仮名)はお金を置いていった。

 

大学生の私は親から貰える仕送りで何とか暮らせるが、アルバイトをしているため生活は苦しくない。

 

ゴールデンウィークに帰省すると、友達からは「女、出来た?」と聞かれ、「出来てない」と答えた。

 

ゴールデンウィークが終わりアパートに戻るとホームシックになった、頼りにしたのが出会い系サイトミントC!Jメールで知り合ったAさん。

 

直接メールを送っても、サイトを介してメッセージを送っても、スグには返事は来ない、なぜなら、Aさんには家庭があるから。

直接聞いたことはないが、Aさんのことはブログを見て知っている。

 

Aさんには、46歳になる同い年の旦那さんと高校受験を控えた娘さんがいる。

Aさんからの連絡があったのは夕方5時頃。

Aさん、「帰ったの?」

私、「うん。今どこにいるの?」

Aさん、「今日は娘達が家にいるから、買い物をすると言って出て来た」

私、「〇〇(スーパー)にいるの?」

Aさん、「うん」

私、「僕も行っても良い?」

Aさん、「良いけど、長くは居られないわよ」

〇〇(スーパー)はAさんの家から車で15分と離れているのだが、私のアパートからは徒歩2分と近い。

〇〇(スーパー)へ行くと、Aさんは駐車場に車を停めていた。

私に気付くと、Aさんは誰かに見られていないかキョロキョロするのだが、Aさんがキョロキョロするのはいつものこと、Aさんは警戒心が強い。

私、「乗っても良い?」

Aさん、「後部座席ならね」

私が乗るのはいつも後部座席、前の席だと誰かに見られる。

Aさん、「娘達が待っているから、長くは居られないよ」

私、「分かっている」

すると、再びAさんはキョロキョロ、誰も見ていないとAさんは、私がいる後部座席に移って来た。

私、「ここで良いの?」

Aさん、「時間がないの」

スーパーの駐車場だと誰かに見られる恐れはあるのだが、Aさんの車にはスモークフィルムが貼ってあり、覗き込まれないと後部座席は見られない。

私、「買い物はしたの?」

Aさん、「・・・」

私、「旦那さんは休みなの?」

Aさん、「・・・」

私、「何時まで一緒に居られるの?」

Aさん、「・・・」

Aさんが答えてくれないのは、フェラチオをしてくれているから。

自分だけ気持ち良くなるのは悪いため、Aさんの体を触ると

Aさん、「洋服がシワになるから触らないで」

パンティならシワになっても良いと思い、Aさんのスカートの中に手を入れると、駐車場の管理人さんと目が合った。

管理人さんにはエッチなことをしていることがバレたのだが、バレたことにAさんは気付いていない。

換気のために後部座席のガラスを下げると、隣の車に乗るオジサンにAさんのパンティが見られたのだが、フェラチオをしてくれているAさんは、パンティを見られたことに気付いていない。

ミントC!Jメール

 

窓を閉めたのは、そろそろイキそうだから。

私、「SEXをしよう」

Aさん、「今日はダメ、時間が無いから」

私、「イッちゃって良いの?」

Aさん、「・・・」

私、「イクよ」

Aさん、「・・・」

私、「口に出して良いの?」

Aさん、「・・・」

イクことが分かっているのに、Aさんのフェラチオは激しくなるため、耐え切れずAさんの口の中で精液を放出。

私、「ティッシュはいる?」

Aさん、「・・・」

私、「窓を開ける?」

窓を開ければ、口の中の精液をペッと吐き出すことが出来るのだが

Aさん、「・・・」

私、「今日も飲み込んだの?」

Aさん、「・・・(笑み)・・・」

 

旦那さんと同い年のAさんは46歳、年齢的にAさんが妊娠する可能性は低いらしいため、私としては中出しをしたいのだが、Aさんは中出しを嫌がる。

男の私からすれば、マズイ精液を口にするより、妊娠をしないなら中出しのほうが楽だと思うのだが、Aさんが口内発射を好むのは性癖。

私、「精液は美味しいの?」

Aさん、「美味しくはないよ」

私、「どうして、毎回飲んでくれるの?」

Aさん、「どうしてだろう?私にも分からない」

Aさんが口内発射を好むのは性癖、そのため、とくに理由はないらしい。

私、「お金は良いよ」

断ったのだが、Aさんは毎回お小遣いをくれる。

フェラチオをしてもらって、お小遣いまでくれるのだから、Aさんとの関係を切るつもりはない。

ミントC!Jメール登録はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です